自称雰囲気かわいい整体師、元役者で元ストレッチトレーナー

永井李奈OfficialBlog

美容

腹筋運動ではお腹が凹まない!

更新日:

Hi!!!

自称雰囲気かわいい整体師こと永井李奈です

♡♡♡

《からだメンテりなちゃん》

ご予約・ご質問はLINE@から!!

 友だち追加

♡♡♡

 

♡♡♡
ブログランキング参加中です!
ぜひ1Clickをお願いします♪
整体ランキング
♡♡♡
 

 

腹筋運動ではお腹が凹まない!

さいきんお腹が出てきて、腹筋を始めました!

そんな人への悲報ですが、

腹筋運動をしただけではお腹の脂肪は無くなりません!!

下手をするとお腹の筋肉が硬くなってしまい、

対極にある腰の筋肉へ負荷がかかって腰痛!なんてことも

では、どうすればお腹が凹むのか

それは「内臓脂肪」を減らすことです

 

 

ぽっこりお腹の原因は内臓脂肪

内臓脂肪とは、その名の通り「お腹の周りの内臓についた脂肪」です

対する言葉として「皮下脂肪」がありますが、

こちらは皮膚と筋肉の間につく脂肪で、特に下半身に多いです

内臓脂肪は、腹筋運動をしても減ることはありません

なのでぽっこりお腹の解消をしたい人でも。腹筋をすればいい!というわけではないのです

 

 

内臓脂肪を燃やすために

脂肪を落とすためには、エネルギーを使って「燃やす」しかありません

でも安心してください!

エネルギーを使うためには、まず「内臓脂肪」が燃やされます

「内臓脂肪」で足らなかった分が「皮下脂肪」から燃やされるので、

「内臓脂肪」を燃やすのは、結構すぐにできます!

そして燃やす量を増やすために「代謝力」を上げることが大切になります!

 

ところで、肥満のタイプとして

男性は「内臓脂肪型」(お腹が太る)が多く

女性は「皮下脂肪がた」(下半身が太る)が多いと言われています

これは元の筋肉量など、体の構造の違いの問題で

「内臓脂肪」の方が燃えやすいと言われているので、

「ぽっこりお腹をなんとかしたい!』と思った男女がいたとして、

有利なのは男性の方なのです……だから女子をみんないたわってね♪

 

 

代謝力を上げるには、下半身を鍛えよ!

さて、それでは「代謝力」を効率よく上げる方法です

最初に「腹筋運動はお腹を凹ませない」と書きましたが、

筋肉量が多い方が「代謝力」が上がるので、

腹筋をやらないよりはやった方がいいです

ただ、それよりももっと効率滴なのが

下半身の筋肉を鍛えること です!

人間の筋肉の中でも、一つの塊が大きいのが下半身!

特に「お尻」や「太もも」の筋肉です

下半身の筋肉が1キロ減ると、

基礎代謝(生きているだけで消費するカロリー)が50キロカロリーも減ってしまいます!

毎日消費するカロリーが50キロカロリー減ってしまう、というのは

長い目で見ると大きな損失です

 

最近は特に、デスクワークが多かったり移動も車や電車などで

下半身の筋肉は、昔に比べて使われなくなってきています

意識しないで生活をしていると、下半身の筋肉は一年で1パーセント減ってしまうとも言われます!

なのでみんなやっぱりウォーキングや軽いジョギングをしたり、せめて階段を昇ろう!!

 

 

運動の順番は、筋トレのあとに有酸素運動

筋トレをすると成長ホルモンの分泌が増えます

成長ホルモンというと、大人には関係ないことのように思えますが

成長ホルモンによって、体の疲労を回復させたり

脂肪の分解を促進させたりします!!

なので筋トレをして成長ホルモンを分泌させてから

筋トレをすることで、より効率滴になります!!

ただし、軽くウォーキングなどをして体を温めてから筋トレをすることで

ケガの防止にもなりますので、

ウォーミングアップ⇨筋トレ⇨有酸素運動 が最高ですね!!!

 

 

脂肪を減らしすぎると起こる弊害

ただし、「脂肪」が少なすぎるのも問題です

脂肪細胞には

・エネルギーの備蓄

・低血糖を防ぐ

・外部の細菌から体を守る

という大事な役割があり、少なすぎても問題です

体脂肪率が低いと風邪をひきやすくなったり、

わたしの知人のボディービルダーなんか、「冷え性」を訴えていました

女性は17パーセント以下になると生理が止まってしまう場合もあります

 

 

 

遅筋を使って脂肪をたくさん消費!

「そっきん」「ちきん」

これ、言葉にすると「???」という感じですが、

漢字で書くと「速筋(そっきん)」「遅筋(ちきん)」です

簡単にいうと

・速筋…瞬発滴に使う筋肉。短距離走や競輪、ダンベルを持ち上げるなど

・遅筋…ゆっくり使う筋肉。長距離走や水泳、ダンベルを下ろすなど

と、使われるタイミングが異なる筋肉のことです!

競輪の選手は、太ももがすごく発達しているのに対して、長距離選手は足が細めですよね

「速筋」は大きな筋肉のため、鍛えるととても大きくなります

「遅筋」は細い筋肉なので、鍛えてもあまり大きな見た目にはなりません

(ちなみにバレエなど、踊る時は「遅筋」を使います。速筋を使うと太くなるのでダメと言われます)

 

この二つの筋肉ですが、力を発揮するためのエネルギー源が違います

速筋は素早くエネルギーが必要なため消化吸収の早い「糖」を使います

遅筋は「脂肪」を燃やしてエネルギーに変えて力を発揮します

 

「速筋」は瞬発滴に大きな力を出すことができて、

「遅筋」は継続する力がすごい!その分消費エネルギーも多くて、

脂肪燃焼が多くなるのです

 

つまり遅筋をたくさん使うと、「脂肪」を燃やすことができるのです!!

個人滴に良さそうと思っているのが、「ボルダリング」だなあ

わたしは全然できないけどね〜〜

上級者もみんな細マッチョで美しいボディラインです!

 

 

 

腹横筋は鍛えた方がいい!!

さて「腹筋は意味がない!」というようなことを書いてしまいましたが、

実は「腹横筋」は鍛えた方がいいのです

これは「シックスパック」と言われる表面の腹筋ではなく、

「インナーマッスル」と呼ばれる、奥の方の腹筋です

「腹横筋」は、体のコルセットの役割があります

というのも、お腹は骨がありません

ちょうど肋骨の下は骨がありませんよね??

そして骨の代わりに、筋肉が「コルセット」の役割になります

特に「腹横筋」は肋骨と腸骨という骨を繋ぐように付いており、

この筋肉が少ないことで骨盤が開きやすくなってしまいます

骨盤が開くと、内臓が下に下がり気味になり

それが結果「下っ腹が出る」という状態になります!

 

 

腹横筋の鍛え方は、

・ドローイング(お腹を凹ませる呼吸)

・プランク(肘をついた腕立てふせみたいな状態のあれ)

がわかりやすいかと思います

これらのやり方については、それぞれググってみてね★

 

 

以上!今回は「お腹を凹ませるには」という記事を書きました〜〜

 

♡♡♡
ブログランキング参加中です!
ぜひ1Clickをお願いします♪
整体ランキング
♡♡♡
 

 

 

*--*--*--*--*--*

「からだメンテりなちゃん」詳細

「からだメンテりなちゃん」

▼ご予約状況などはこちらから!

ご予約・ご質問はLINE@から!!

 

 

 

 

 

友だち追加

 

料金

通常 3.500円

初回 2.500円

(中学生以下は各回500円引き)

所要時間

約30〜45分

お身体の状態によって変わります!

時間による料金の変動はありません!

 

アクセス

有楽町線・副都心線「平和台駅」より徒歩3分

MasamiBalletSchool内(▼画像付き案内はこちら

(練馬区北町7−7−4 丸広ビル2F)

施術内容

✔︎ソフトな手技の整体

✔︎姿勢アドバイス

✔︎パーソナルストレッチ

✔︎ストレッチアドバイス

 

<ご要望があれば……>

✔︎バレエ・ダンスの基礎指導

✔︎呼吸・発声法の基礎指導

✔︎グループでのストレッチクラス(時間、料金応相談)

 

 

Googleページ&Youtube

▼サロン内の様子をちら見せ!

 

▼施術の様子はこんな感じです!

(協力:YoutuberハッチGOさん)

-美容
-

Copyright© 永井李奈OfficialBlog , 2019 All Rights Reserved.